【公開実験関連記事】

6月12日午後7時、岩手県山田町船越の大浦地区で、地震で地区内の全電源が失われたと仮定した夜間避難訓練が行われました。

地域住民ら約100人が参加し、蓄光材を使い発光する看板などを頼りに夜の避難を体験しました。

PDF

岩手日報に掲載されました。